小径精密引抜鋼管(構造用鋼管・配管用鋼管)、異形伝熱管、二重管式熱交換器の製作

沿革

1949年4月 (S24) 初代社長 西山信次と実弟である西山安治が個人企業西山製作所を開設
1959年12月 (S34) 資本金200万円をもって個人企業を法人組織に改組、株式会社西山製作所と名称を改めた
1973年1月 (S48) 資本金を1,000万円に増資し同年2月秋田工場建設に着手
1974年10月 (S49) 資本金を2,000万円に増資
1974年12月 (S49) 西山安治が2代目代表取締役に就任
1987年1月 (S62) 山口県光市に研究開発部を設置しPIC(PIPE IN COIL)の研究開発し同年12月にその技術開発に成功
1995年3月 (H7) テクノランド小田原工業団地内に本社、工場を建設し資本金を6,000万円に増資
1996年12月 (H8) 西山利明が3代目代表取締役に就任
2000年7月 (H12) トシダ工業(株)と業務提携を結び資本金を12,500万円に増資
2003年7月 (H15) ISO 9001 認証取得
2004年10月 (H16) 第21回神奈川工業技術開発大賞受賞
2005年10月 (H17) 秋田工場事務棟新築
2006年1月 (H18) 平成17年度神奈川県優良工場受賞
2006年6月 (H18) 無錫TSD有限公司に資本参加
2008年2月 (H20) 秋田工場を増築
2008年7月 (H20) 元気なモノ作り中小企業300社2008年版に選出
2009年4月 (H21) 平成21年度かながわ中小企業モデル工場に指定
2010年6月 (H22) 資本金を9,500万円に減資
2016年8月 (H28) フィリピンに子会社PHILIPPINE NISHIYAMA PIPE MFG. INC.(PNPM)を設立