小径精密引抜鋼管、異形伝熱管、熱交換器の製造

作業工程

炭素鋼鋼管の製造工程

先付

先付

鋼管の片管端を細く絞る加工です。伸管時にダイスに挿し込み、キャリッジにつかませる部分です。
BAR to BAR 伸管 ドローベンチ(引抜)

BAR to BAR 伸管

常温で外径をより細く、肉厚をより薄く引き延ばす加工です。加工面は綺麗で寸法精度も確保できます。又加工率の調整によって機械的性質の調整も可能です。
丸形状だけでなく異形も可能です。
Coil to Coil 伸管

Coil to Coil 伸管

常温でコイル材の外径をより細く、肉厚をより薄く引き延ばす加工です。コイルの材料の引抜を行ない、コイル状に巻き取る工程です。
無酸化焼鈍炉

焼鈍

全て無酸化焼鈍です。雰囲気ガスはDX・RX・NXの全てを備えており、加工内容によって使い分け可能です。
酸化スケールを取り除く為の酸洗工程は不要ですので綺麗な肌を維持、過酷な加工にも耐えられます。
切断機

切断

お客様の要求に合った長さに切断、又は中間工程において伸管で長くなったパイプを計算によって歩留まりを考慮して短く切断します。
矯正

矯正

多ロール千鳥及び多ロール対向矯正機によって真直度を確保します。異形にも対応可能な矯正機も取り揃えております。
検査

検査

目視検査・寸法測定・機械試験その他必要によって渦流探傷検査を行います。
出荷製品 コイル製品

出荷

検査工程で合格した製品を梱包し、出荷いたします。